パン生地の分類『ハード・セミハード・ソフトを活用して上達する』

パンはその製法や材料、成形方法などによって、多種多様な形状や食感を持つ食品です。その多様性を理解するためには、その特性をうまく分類する手段が効果的です。
一般的にパンはその食感によって、ハード、セミハード、ソフトの3つの大きなカテゴリーに分けることができます。

この3つの分類は、パンの柔らかさを表すだけでなく、主材料に対する副材料の割合がどの程度であるかを示す指標でもあります。
すなわち、副材料の割合が増えるにつれてパンはソフトになり、逆に副材料の割合が少ないとハードなパンになるわけです。

ハードの代表例としては、フランスパンの一種であるバゲットやカンパーニュなどが挙げられます。これらのパンは小麦の風味を引き立たせ、パリっとした食感と共に、中のもっちりとした食感を楽しむことができます。
一方、セミハードのパンとしては、一般的な食パンやバーガーバンズなどがあります。これらのパンはしっとりとした食感が特徴で、甘味や油脂感が比較的高めです。
さらにソフトなパンには、バターロールや各種の菓子パンなどがあり、これらはとても柔らかく、甘さや風味が豊かです。

しかし、これらの分類はあくまでも大まかなもので、必ずしも特定のパンが特定の分類に当てはまるわけではありません。
例えば、ハードな食感の生地を使って食パンを作ることも可能で、その逆にソフトな生地を使って食パンを作ることも可能です。また、ハードな生地をロール状に巻いて焼くと、パリッとした食感のロールパンになります。これらの例からわかるように、生地の種類と出来上がるパンの種類は必ずしも一致しないのです。

パン作りは大きく分けて二つの工程、つまり「生地作り」と「仕上げの作業」に分けることができます。まず、生地作りの段階でどのような性質の生地にするのかを決定し、その生地をどのように成形し、どのように焼くかという、仕上げの作業を行います。

生地の種類を決めることは、パン作りの初めの一歩です。つまり、作りたいパンがどの程度の固さの生地で作られるのかを理解しておくことが必要です。
そのためには、ハード・セミハード・ソフトという大まかな分類が非常に役立ちます。これらの分類を理解しておくことで、発酵法や焼き方、成形法、捏ね方などの考え方が似通っている範囲で一つずつ学ぶことができ、スムーズにパン作りのスキルを身につけていくことが可能になります。

以上のように、ハード・セミハード・ソフトという分類は、パン作りの初心者からプロのパン職人まで、パン作りを追求していく上で重要な基礎知識となります。
この分類を理解し、活用することで、様々なパンの特性を理解し、自分の好みに合わせてパン作りを楽しむことができるようになります。これはパン作りの奥深さを感じ、さらにその楽しさを引き立てる要素の一つと言えるでしょう。

Let's share this post !
TOC