ベーカーズ%という一見奇妙で重要な成長要素

パン作りはその実、数値や比率によって細かくコントロールされる芸術であり、科学でもあります。
その中で、パンの製造法には多種多様な表示法がありますが、中でも一際重要なものが「ベーカーズ%」という表示法です。
このベーカーズ%という表示法を理解し活用することは、パン作りを追求していく上で不可欠なスキルと言えるでしょう。

ベーカーズ%は、小麦粉の量を基準とした配合表示法です。
つまり、小麦粉の重量を100%とした場合、それに対する他の材料の配合量をパーセンテージで表す方法です。
たとえば、小麦粉1kgに対し、水が600gの場合、ベーカーズ%では水の配合比率は60%と表示します。これにより、パンの配合を調整する際の基準となる小麦粉に対する他の材料の比率が一目でわかります。

ベーカーズ%の表記法は、全体量が通常の合計100%を超える形で表示されます。
その結果、170~240%という、一見奇妙な表記となります。
この表記法が選ばれる理由は、パンが小麦粉を主体とした食品であることから来ています。

パンの特性は、小麦粉とそれ以外の材料との組み合わせによって大きく左右されます。
その中でも小麦粉の存在は重要で、その量と品質はパンの食感や風味に大きく影響します。小麦粉の弾力を他の材料でどう調整していくのか、これが一目でわかるようにするために、ベーカーズ%表示が採用されているのです。

全体の内何%であるのかを表示する通常の表記法では、毎回の製造ごとに数値が大きく変動してしまいます。
その結果、どの材料がどの程度小麦粉の弾力や仕上がりの食感に影響を与えたのかが把握しにくくなります。しかし、ベーカーズ%を用いることで、材料ごとの小麦粉に対する割合が明確になり、その影響力を見極めることが可能になるのです。

ベーカーズ%は、その見やすさや品質調整の容易さなどから、パン製造において非常に便利な表記法として広く使われています。
また、この表示法は重さの単位の違い、例えばグラム表記とポンド表記などに影響を受けません。そのため、世界中のパン職人にとって共通の言語となっています。これらの特性により、ベーカーズ%はパン製造における万能の表記法と言えます。

さらに、ベーカーズ%表記を理解し活用することで、世界中のパン職人からの豊富なデータを活用することが可能になります。他の職人がどのような配合でパンを作り上げ、どのような結果を得たのかという情報を手に入れることができ、それを自分のパン作りに活かすことができます。

パン作りを追求していく上で、ベーカーズ%表記は重要な成長要素となります。
本来得られるはずの情報を逃さないためにも、この表示法を理解し、積極的に利用していきましょう。一見すると難解な表記法かもしれませんが、その背後にある理論を理解すれば、その利便性と有用性が明確になります。ベーカーズ%を活用することで、パン作りの幅が広がり、より高度なパン作りへとステップアップすることが可能になるでしょう。

Let's share this post !
TOC